読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

踊りの祭典2016@新宿文化センター

11月12日 土曜日 11時から17時までやっている一種のフェスのようなイベント。 有名な人は出ませんし、地元で活動している方々の発表会的なものかと思っていたら、想定外に面白かったです。 大ホール、エントランスと小ホールの3つのステージで並行して踊り…

「あの大鴉、さえも」@東京芸術劇場 シアターイースト

10月8日 土曜日 竹内銃一郎の戯曲「あの大鴉(おおがらす)、さのえも」をカンパニーデラシネラの小野寺修二が演出。小林聡美、片桐はいり、藤田桃子の3人だけの舞台。 スタイリッシュな舞台装置が印象的でしたが、なかなか難しいお話でした。 前回のカンパニ…

舞台表現科舞踏専攻前期成果発表会@新宿 東京都立芸術総合高校 講堂棟ホール

10月8日 土曜日 文化祭でのミュージカルに続き、また芸術総合高校へ。舞台表現科舞踏専攻という、バレエのコースとコンテンポラリーダンスのコースの生徒さんの発表会。 バレエとコンテンポラリーダンスが交互に。高校生とはいえ、本格的なパフォーマンスで…

「能楽鑑賞教室」@東洋大学 井上円了ホール

10月1日 土曜日 昨年に引き続き、東洋大学の講座へ。 文学部伝統文化講座「能楽鑑賞教室」ということで、今まで見たことのなかった能のお勉強をさせていただきました。 出演は銕仙会という団体の方たち。 解説と能装束着付実演のあと、狂言「膏薬練」と能「…

「Little Women ~若草物語~」@新宿 東京都立芸術総合高校 講堂棟ホール

9月25日 日曜日 富久町にある東京都立芸術総合高校の文化祭に行ってきました。 入り口でもらったかっこいいパンフレットには色んなイベントや出し物がのっていたけど、時間がなくて音楽科3年生のミュージカルだけしか見られなかったのは残念。 会場は立派な…

劇団どくんご「愛より速く」@井の頭公園西園

9月5日 月曜日2回目の劇団どくんご。前回と同じく、井の頭公園西園ジブリ美術館裏に設置の犬小屋テント劇場にて。 前と同じように短いシーンのパッチワークで、最後にそれが結びついて昇華されるのかという期待で見ていたんだけれど、自分のリテラシーではよ…

東葛スポーツ「東葛沈没」@アーツ千代田3331

6月30日 木曜日 急に決まった仕事上の会食を途中で失礼して、予約していた東葛スポーツへ。 久しぶりにアーツ千代田での公演。 「日本沈没」をベースに「焼肉ドラゴン」舛添さんとかロロのこの前の作品とかをマッシュアップ。前の東葛スポーツの記事 東葛ス…

六月大歌舞伎「義経千本桜」@歌舞伎座

6月12日 日曜日 新しくなってからはじめて歌舞伎座へ。6月は「義経千本桜」を3部に分けて1日かけて公演するスタイル。 11時からの第一部「碇知盛 」(渡海屋・大物浦 時鳥花有里)を鑑賞。 先に見た木ノ下歌舞伎も含め予習をしたので、ストーリーや見どころ…

木ノ下歌舞伎「義経千本桜―渡海屋・大物浦―」@東京芸術劇場 シアターイースト

6月10日 金曜日 評判の高い木ノ下歌舞伎にやっと行くことができました。 歌舞伎三大名作のひとつ「義経千本桜」の前半部分。逃避行中の義経一行と、船宿の主人として復讐を機会を待つ平知盛の邂逅と壮絶な死に至る駆け引きのパートです。 前に傾いたスタイリ…

ブラジルから台湾へ

6月5日 日曜日 伊勢丹新宿店。 ブラジルウィークにちなんで5階ギャラリーでやっていた「大原治雄写真展」。1927年に17歳で高知からブラジルに移民した人です。 植田正治に似た子供を幾何学的な構図で撮った作品とか。展示数は多くなかったけれど、抒情的な…

ロロ vol.12「あなたがいなかった頃の物語と、いなくなってからの物語」@東京芸術劇場 シアターイースト

5月27日 金曜日 ロロがとうとう東京芸術劇場に進出。 こまばアゴラ劇場でやった前作「ハンサムな大悟」を会場に合わせてグレードアップしたような作品かな。 客席がステージの両側にあるつくりも同じ。入場して向こう側の最前列に座って鑑賞。ハコが大きい分…

マームとジプシー「あっこのはなし」@新宿 LUMINE0

5月2日 月曜日 新宿新南口のうえにできたルミネの新しい館のギャラリーで、マームとジプシーのレパートリー作品3作連続公演。 見たことのない「あっこのはなし」を選んで予約していました。先のエンキビラル展で見当はついていたけど、意外と大きなスペース…

ハイバイ「おとこたち」@東京芸術劇場 シアターイースト

4月8日 金曜日 はじめてハイバイの舞台を見ました。 国分寺の幼馴染の男性4人がそれぞれ破滅的な人生を進んでいくストーリー。2人の女優が脇を固めます。 シンプルな舞台装置で場面が転換しどんどん時間をスキップさせて、2時間で最初の老人ホームの場面に着…

東葛スポーツ「金町◯屋書店」@神保町SOBO

3月28日 月曜日 仕事のあと神保町へ。東葛スポーツ第15回公演「金町◯屋書店」の千秋楽。 舞台上には金山氏の自宅から持ってきたと思しきDVDや本なんかがずらっと並べられて、そのタイトルを見ていくのも楽しく開演を待ちました。客入れ映像は「12人の怒れ…

シルク・ドゥ・ソレイユ「トーテム」@お台場ビッグトップ

3月18日 金曜日 朝日新聞のレビューを読んで行きたくなったこの公演。 「ニッポン放送スペシャルデー」ということで安くなっていたこの日のチケットを買ったのでした。 会場はりんかい線の東京テレポート駅近くの特設テント(お台場ビッグトップ)。短い出し…

東葛スポーツ「食道楽」@神保町SOBO

2月1日 月曜日 客入れの時の映像、そして作品の基調となる元ネタが韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」。 珍しく自分の知っている作品が使われていて、ステージでのちょっとずれた再現が笑えました。 そうでなくても、最近の東葛スポーツはストーリーと元ネタ…

「書を捨てよ町へ出よう」@東京芸術劇場 シアターイースト

12月18日 金曜日 寺山修司の方は映画も本もまったく知らない状態で鑑賞。最前列にて。 藤田貴大が演出でマームとジプシーのいつもの俳優たちもでているけれど、マームとジプシーとしてではなく、東京芸術劇場の「RooTS」シリーズ第三弾としての公演。 リフレ…

地点×空間現代「ミステリヤ・ブッフ」@にしすがも創造舎

11月27日 金曜日 フェスティバル/トーキョー2015のプログラム。 久しぶりに西巣鴨へ。 体育館に作られたサーカスのような円形ステージ。 自由席だったのでドラムの後ろに着席。空間現代というスリーピースバンドの生演奏に合わせて360度に向けて演じられる不…

東葛スポーツ「ウラGBB」@神保町 SOBO

11月26日 木曜日 はじめていく神保町のSOBOというスペースで東葛スポーツの「ウラGBB」を見てきました。 岡田利規の「God Bless Baseball」にドラマトゥルクとして参加した金山寿甲によるもう一つのGBB。 客入れはヤクルト優勝の試合をストレートに映写。 岡…

岡田利規「God Bless Baseball」@あうるすぽっと

11月20日 金曜日 フェスティバル/トーキョー15のプログラムのひとつ。 池袋のあうるすぽっとにて岡田利規作・演出の「God Bless Baseball」を最前列で鑑賞。 チェルフィッチュ名義ではなく、韓国人俳優2人、日本人俳優2人のセッション的な作品。 タイトル通…

東葛スポーツ「ニューヨーク ニューヨーク」@3331 Arts Chiyoda

7月30日 木曜日 今回はEP公演と銘打って1時間あまりの短編。 団地の一室でのカップルのやりとりを全編ラップで表現。 主宰の金山寿甲氏も佐川の配送ドライバー役で出演していましたが、ラップうまいですね。 全然知らなかったNASというアーティストがフィー…

マームとジプシー「cocoon」@東京芸術劇場(3回目)

7月10日 金曜日 この日は1回目に見た席のとなり。ほぼど真ん中の最前列。 終盤のサンとマユが繰り返し走ってくるシーンでは、目の前まで迫ってきます。三回目ともなると色んな気づきがありました。 マユが男を殺すところをタマキさんとさっちゃんが見つめて…

マームとジプシー「cocoon」@東京芸術劇場(2回目)

7月7日 月曜日 2015年版「COCOON」を再度鑑賞。 今度は左サイドの前列。 同じ最前列でも正面よりちょっと舞台が近くて、違ったアングルが新鮮。 ウッドデッキ部分に座った女の子たちが、次のシーンに向けて細かな動きをしていくのが見られるのが面白かったで…

マームとジプシー「cocoon」@東京芸術劇場(1回目)

6月29日 月曜日 2013年の作品の再演。 今回は「憧れも、 初戀も、爆撃も、死も。」というサブタイトルつき。最前列やや右側で鑑賞。 初演時よりもボリュームアップしていて、特に戦時下の学校生活のパートは執拗なくらい長く、様々な遊びや運動が披露されて…

劇団四季「ジーザス・クライスト=スーパースター」@自由劇場

6月13日 土曜日 「オペラ座の怪人」以来の劇団四季。 イギリスのアリーナ公演の映画を見て、生でも見たいと思っていたこの作品。 劇団四季の再演を知って早速チケットをとりました。初めての自由劇場はこじんまりとしてアットホームな雰囲気。 岩山を模した…

ロロ「ハンサムな大悟」@こまばアゴラ劇場

6月10日 水曜日 今回のロロの公演は、客演なしでメンバー5名による舞台。 ステージを挟んだ両側に客席があり、入口の反対側の最前列に着席。 自分の本当に目前とか、足元とかで役者さんの演技を見られる貴重な体験。 主人公大悟役の篠崎大悟以外の4人が様…

TACT FESTIVAL 2015@東京芸術劇場

5月6日 水曜日 連休最終日は池袋へ。東京芸術劇場の無料イベントで節約。 まずは地下のロビーでカナダの劇団コープスの「ひつじ」というパフォーマンス。 それからアトリエイーストで「中国京劇ショーと雑技」。さらにアトリエウエストで「二胡・揚琴 姉妹コ…

原田郁子×マームとジプシー「cocoon no koe cocoon no oto」@東京芸術劇場 シアターウエスト

4月28日 火曜日 6月~7月に再演される「cocoon」の予告編的イベント。東京では一夜限り。 原田郁子×マームとジプシー リーディングライブ あらためまして、はじめまして、ツアー「cocoon no koe cocoon no oto」というタイトル。原田郁子と青柳いづみ、2人だ…

東葛スポーツ「ラッパー・イン・ザ・ダーク」@3331 Arts Chiyoda

4月21日 火曜日 東葛スポーツ第12回公演、千秋楽を見てきました。 アーツ千代田、地下ではなくて1階の奥の教室での公演。さんざん迷って到着。 客入れ時はビョークのライブ映像が流されていて、これがまた良かったです。今回は映画「ダンサー・イン・ザ・ダ…

東京ヴォードヴィルショー「田茂神家の一族」@紀伊国屋サザンシアター

3月15日 日曜日 東京ヴォードヴィルショー創立40周年記念興行第5弾。 三谷幸喜・作、山田和也・演出。 町長選挙をめぐるドタバタ劇。 ツマに連れられてきましたが、自分から進んでは見ないようなテイストの作品。 前の東京ヴォードヴィルショーの記事 東京ヴ…

「隣のきのこちゃん」@上野ストアハウス

2月6日 金曜日 密かに応援している中野裕理さんの舞台を見に、仕事を速攻で切り上げ上野ストアハウスへ。 ダンスが盛りだくさんのコメディーで、今回は企画・演出・振付を中野さんが行っているとのこと。役者としては後半でのテレビレポーター役。 アフター…

マームとジプシー「カタチノチガウ」@原宿 VACANT

1月15日 木曜日大崎で岩崎洵奈さんを見た後、原宿のVACANTへ。いわゆる裏ハラにある、はじめていくハコ。 マームとジプシーの新作「カタチノチガウ」初日を鑑賞。 女性3人だけのでてくる芝居。色々な小物が並べられたり釣り下がったりしているおしゃれな舞台…

チェルフィッチュ「スーパープレミアムソフトWバニラリッチ」@神奈川芸術劇場

12月20日 土曜日コンビニを舞台にしたコメディタッチの作品。 7人の登場人物の不思議な体の動きと、無機質なバッハの音楽のシンクロ具合が絶妙。 コンビニ世界をリアルに描いていましたが、店とSVの力関係はちょっと違うと思いました。 本部にとって加盟店は…

日本舞踊 × オーケストラ Vol.2@東京文化会館

12月13日 土曜日日芸での花柳壽輔氏の講演で知ったイベント。 2列目での鑑賞。 構成・演出:花柳壽輔 監修:植田紳爾 指揮:園田隆一郎 管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団 合唱:新国立劇場合唱団(合唱指揮:河原哲也)演目は5つ。 1.葵の上(源氏物…

ロロ「朝日を抱きしめてトゥナイト」@こまばアゴラ劇場

㋆15日 火曜日 久しぶりにロロの公演を見に行きました。 早めに着いて最前列を確保。 前半は良かったのだけれど、後半、話の展開についていけず不完全燃焼。 評判はすごく良いようで、自分のリテラシーのなさを嘆く。

「抜目のない未亡人」@新国立劇場 中劇場

7月12日 土曜日 三谷幸喜演出、大竹しのぶ主演の喜劇「抜目のない未亡人」を新国立劇場の中劇場にて鑑賞。シス・カンパニーのプロデュースさ作品。 初めて行く劇場です。フラットなステージに対し弧を描くように幅広く配置された客席。2階席2列目でよく舞台…

「魅惑のコスチューム:バレエ・リュス展」@国立新美術館

7月6日 日曜日 14時前に国立新美術館に到着し、チケットを買ったらまず3階の講堂へ。 法政大学鈴木晶先生の「ディアギレフ--美を追い続けた男」という講演。 初心者向けの解説ということで、バレエに無知な自分にもよくわかるように、全然知らなかったディ…

「日本舞踊とバレエ音楽の融合」@日本大学芸術学部

7月2日 水曜日 先週に引き続き、江古田の日芸へ。 「映像で探る舞踊の魅力 和と洋との邂逅」の3回目。 この日は日本舞踊花柳流家元の花柳壽輔氏と日芸教授の丸茂美惠子氏のお話しと、バレエ音楽をバックにした日本舞踊の映像。花柳壽輔の踊る「黒塚」の一部…

「十九歳のジェイコブ」@新国立劇場

6月27日 金曜日 佐々木敦氏のツイッターで知った「十九歳のジェイコブ」が面白そうだったので、当日券で鑑賞。 初めて行く新国立劇場の小劇場。 中上健次作品の舞台化。かっこいい演出(維新派の松本雄吉)に魅せられました。 音楽監修が菊地成孔で、場面転…

「日本音楽とダンスの出会い」@日本大学芸術学部

6月25日 水曜日 練馬区と日芸が共催する公開講座「映像で探る舞踊の魅力 和と洋との邂逅」に申し込みました。 全3回シリーズの1回目はツマに妨害されて行けず、この日は2回目の講義。 講師は日芸の織田紘二先生と日本芸術文化振興会の原田亮一先生。 「日…

「沖縄芝居に見る大衆娯楽の『近代』 ― 瀬名波孝子の芝居人生 ― 」@立教大学 太刀川記念館

6月22日 日曜日 朝10時から、立教大学でタイトルの公開講演会へ。立教大学アジア地域研究所の主催。 まず、 立教大学の細井尚子先生が、幕末以降の沖縄演劇の歴史をざっとレクチャー。これだけでも知らないことばかりで大変勉強になりました。続いて、9歳で…

マームとジプシー「ΛΛΛ かえりの合図、まってた食卓、そこ、きっと----------」@東京芸術劇場 シアターイースト

6月17日 火曜日 第56回岸田國士戯曲賞受賞作の再演。最前列で鑑賞。 海辺の町での3きょうだいを中心としたコミュニティが描かれた作品。 常になっている音楽が効果的。

ナムサダンノリ日本支部「マンナム」@韓国文化院 ハンマダンホール

6月5日 木曜日 韓国文化院2014年定期公演シリーズPart2、ナムサダンノリ日本支部「マンナム」の公演に当選しました。 「ナムサダンノリ」というのはイベントのサイトによると、 「男寺党(ナムサダン)ノリ」は、両班社会(貴族社会)の非道徳性をおもしろおか…

東葛スポーツ「バック・イン・ブラック」@3331 Arts Chiyoda

4月28日 月曜日 御徒町で軽く飲んでから3331 Arts Chiyodaへ。東葛スポーツの「バック・イン・ブラック」、今回は1階のガラス窓のスペース。 客入れの間は、小学生男子の禁断ワードについてのビデオが流れていて苦笑。 今回はタイトルのようにAC/DCの名曲を…

三谷幸喜「酒と涙とジキルとハイド」@東京芸術劇場 プレイハウス

4月19日 土曜日 三谷幸喜作・演出の「酒と涙とジキルとハイド」を東京芸術劇場プレイハウスで鑑賞。 2階の一番後ろの席でしたが、おかげで生演奏の2人の動きが良く見えました。 その2人はステージセットの上みたいなところにいるので、1階の前の方からは見え…

万作・萬斎 狂言の会@練馬文化センター

4月16日 水曜日 仕事の後、練馬駅の北側にある練馬文化センター小ホールにて、「万作・萬斎 狂言の会 」。 最初に野村萬斎による解説があり、演目は「入間川」「寝音曲」「茸」の3本。去年、浜離宮でちらっと見たことはあったけれど、狂言をきちんとしたと…

東京国際文芸フェスティバル 2014クロージング!@早稲田大学 27号館 小野梓記念館

3月9日 日曜日 マームとジプシーがでるということで申し込んだ文芸フェスティバルのクロージングイベント。 これだけに参加というのも恐縮ですが、行ってきました。最前列が関係者席で2列目を確保。 この日ある3つのセッションの最初がマームとジプシー、青…

「僕と幻の図書館。」@中野 テアトルBONBON

2月16日 日曜日 日比谷で「メイジーの瞳」を見た後、急いで中野に移動。 中野裕理主演のミュージカル「僕と幻の図書館。」を鑑賞。昔話や過去の文学作品からの引用など、去年、同じ劇場で見た「なかのエンジョイ♪えんた~て~めんと」シリーズと近いなあと思…

マームとジプシー「Rと無重力のうねりで」」@のげシャーレ

2月12日 水曜日 出張のあと、羽田空港から京急で横浜へ。 マームとジプシーの「Rと無重力のうねりで」を見に。 会場の「のげシャーレ」という場所ははじめてで、京急の日ノ出町駅からJRの桜木町駅に歩いていけば見つかるはずなのに通り過ぎてしまい、ちょっ…

東葛スポーツ「おとなのけんか/崖っぷちの女」@アーツ千代田3331

1月30日 木曜日 外出仕事からそのまま末広町へ。アーツ千代田3331で東葛スポーツの2本立て公演。 「おとなのけんか」は前に吾妻橋ダンスクロッシングで見たやつ。「崖っぷちの女」は年末の(見に行けなかった)エクス・エクス・エクス・ポナイト!!!!!」でや…