読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観」展@上野の森美術館

アート 映画

10月14日 体育の日
上野の森美術館で「種田陽平による三谷幸喜映画の世界観 -『清須会議』までの映画美術の軌跡、そして…」という長いタイトルの展覧会。

美術監督の種田陽平三谷幸喜が組んだ「THE有頂天ホテル」、「ザ・マジックアワー」、「ステキな金縛り」のセットを再現するような部屋が楽しいです。そのあと、種田陽平が海外の映画で活躍しているのがわかる展示のあと、新作「清須会議」のコーナーへ。天守閣の模型など。
最後に別室で、三谷幸喜による「清須会議」のセット解説のビデオが30分のボリュームで放映されています。

期待しないで見に行ったのですが、映画における美術監督の役割がよくわかる興味深い展覧会でした。
11月17日まで。