読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

「ルーブル美術館展」@国立新美術館

4月12日 日曜日
新宿から大江戸線で六本木へ。
国立新美術館で「ルーブル美術館展」を鑑賞。
の前に、講堂での講演会、「風俗画の魅力――レンブラントフェルメールの時代」に出席。
講師は東北大学大学院の尾崎彰宏教授。
ちょっとついていけませんでした・・・。

展覧会は、あまりなじみのない画家の作品が多く、作品自体もあまり魅力的には感じらず、きっと自分のリテラシー不足なんだと思います。
フェルメールの「天文学者」にはさすがに惹きつけられました。


前回の国立新美術館の記事
「チューリッヒ美術館展」@国立新美術館、「夢見るフランス絵画」@Bunkamura ザ・ミュージアム - 東京クリッピング private 3