読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

井上順孝「教派神道の創始者は教祖か?」@国学院大学博物館

6月20日 土曜日
岩井先生のお話しの後、階下の博物館に移動。
現在の企画展「教派神道の教祖と儀礼」にちなむミュージアムトークということで、展示室内のスペースで井上順孝先生(國學院大學研究開発推進機構長、神道文化学部 教授)による30分位のお話し。
井上順孝先生といえば四半世紀前の自分の大学生時代から有名だったから、もう相当のお年寄りかと思っていたら、意外に若いルックスでお元気な方。
短い時間での解説ということで駆け足でしたが、教派神道の各派のことをわかりやすく説明してくださいました。

博物館の展示では、先日読んだ椹木野衣アウトサイダー・アート入門」(幻冬舎新書)で知った出口王仁三郎の陶芸作品を見ることができたのが収穫。