読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

ブラジルから台湾へ

6月5日 日曜日
伊勢丹新宿店。
ブラジルウィークにちなんで5階ギャラリーでやっていた「大原治雄写真展」。1927年に17歳で高知からブラジルに移民した人です。
植田正治に似た子供を幾何学的な構図で撮った作品とか。展示数は多くなかったけれど、抒情的な作品にしっとりした気持ちになりました。

池袋に移動。
台湾の獅子舞を見に池袋東武の屋上へ。こちらでは台湾フェア。
到着するとKiRiKoさんという女性による二胡の演奏中。
ロリータファッションで立ったまま腰に二胡をマウントしての演奏姿はなかなか萌えます。
カラオケをバックにテクニカルなライブ。後で調べたら音楽的なキャリアもきちんとした方でした。

次に電音三太子という着ぐるみによるダンスの出し物。
続いて台湾獅子舞。横浜中華街から2人1組の獅子が2匹やってきていました。ステージ上ではカネと太鼓の3人によるバックミュージック。
場内を練り歩いての楽しいパフォーマンスでした。
その次に台湾民族舞踊というプログラムで、山岳地方の先住民族の踊りということなのだけれど、打ち込みビートのカラオケでのカジュアルなスタイル。
ダンサーはおばちゃん6人くらいで、お客さんも呼び込んで盛り上がってイベント終了。