読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

「AMY エイミー」@新宿 角川シネマ

8月12日 金曜日
27歳で死んだエイミー・ワインハウスのドキュメンタリー。
全然興味のなかったイギリスのシンガーですが、ピーター・バラカンのラジオで紹介されたのを聴いて見ておこうと思ったのです。
なるほど、こういうジャズ/ソウルの本格的なアーティストだったのですね。
スキャンダラスな印象をもっていましたが、そういう風に一般に流布していく過程も映画でよくわかりました。
グラミー賞受賞ですごくうれしそうにしていたのに、裏で親友に「ドラッグがなければ空しいわ」と言っていたというエピソードが印象的。
才能ある人がそれを持続していけない痛々しさが伝わってきて、非常に悲しい映画でもありました。

amy-movie.jp