読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

夏休み 諏訪湖富士山バスツアー

9月3日 土曜日

遅めの夏休みで5連休。
1泊2日のバスツアーを予約しました。
諏訪湖の花火を間近で見たかったので、H.I.S.の湖畔の桟橋上に仮設したイスで見られるツアーです。

新宿都庁下をお昼に出発し、中央道で諏訪湖へ。上諏訪駅で降ろされて徒歩で会場へ。
諏訪湖の花火はお盆にあるのが有名だけど、この日は「第34回 全国新作花火競技大会」というイベントです。
ほとんど前をさえぎられることなく湖上から打ち上げられる花火を見られて大満足。新作ということでこれまで見たことのないタイプの花火を見ることができました。
終了後は遊覧船で岡谷に渡ってそこからバスで白樺高原のホテルへ。11時ころについてひと風呂浴びて就寝。

9月4日 日曜日

朝ゆっくりと10時前に出発。まずは石和のワイナリーへ。本坊酒造のやっているマルスワイナリーというところです。説明のおじさんの語りも面白く、試飲もたっぷり。一本買っていきました。
次にお昼ご飯で富士急ハイランドのホテル内のレストラン、フジヤマテラスでブッフェのランチ。
食後は隣接するリサとガスパールタウンを散策。
そこの売店でリサとガスパールのアニメをフランス語で流していたのだけれど、「リサ」ではなく「リザ」だったのですね。フランス語で母音に挟まれた一つのSは濁るという知識は持っていたはずなのに、今まで「リサ」という邦題に疑問をもっていなかったことに愕然としました。それと、最後の母音にアクセントがくるという規則もあるので、「リザー」という感じです。

閑話休題、次は富士山五合目へ。ちょっと雨模様で山頂は見えず。連れていかれたお土産屋を物色。5合目って簡単に行けるのですね。
ふもとに降りて北口本宮冨士浅間神社を参拝。パワースポット的な荘厳さのあふれる場所でした。
神社から中央道に行く間に雲も晴れて、富士山がくっきりと見えたのはうれしかったです。
帰りの中央道は事故渋滞があるとのことで、相模湖までは国道20号を使いましたが、ほぼ予定通りの20時に新宿に到着。
バスツアーに参加するのは初めてでしたが、添乗員さんの配慮も行き届き、自分では思いつかないようなところにも寄ってくれたり、なかなか良いものだと思いました。
今回だけなのかもしれないけど、参加者に若い人が多かったのも意外でした。H.I.S.ならではなのかな。