読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

LIVE MAGIC! 2016@恵比寿ガーデンプレイス

10月23日 日曜日
土日で行われたピーター・バラカンがオーガナイズする音楽フェス。
日曜だけ当日券で参加しました。
ザ・ガーデンホールとザ・ガーデンルーム、そしてラウンジの3か所のステージで、ブルーズやルーツミュージック中心のアーティスト選択。
食べ物屋さんの出店も色々。

最初に広いほうのザ・ガーデンホールに登場したのは、Reggaelation IndependAnceという日本のレゲエバンド。ミキサーもメンバーに含む、インストバンドです。
ラウンジに移動して濱口祐自&Reiを聴きながら、マスターカードのサービスでマッサージを受けたり。
ザ・ガーデンホールでは次に高田漣による高田渡の1stアルバム「ごあいさつ」の再現ライブ。
ザ・ガーデンルームに移動しZabaDuoというベース(アメリカ人)とパーカッション(ブラジル人)の2人組。パーカッションの人がメインに使うのが、タンバリンのようなパンデイロという楽器なんだけど、リズムボックスみたいな音がでて不思議。それとベースだけで多彩な表現をしてくれました。日本人フリューゲルホルン奏者のTOKUがゲスト。
またザ・ガーデンホールに戻って、EnTRANSという和太鼓とチョッパーベースによる強力なリズム隊にオルガン、ブルースハープをフィーチャーしたファンク/ブルーズというスーパーバンド。
最後にサニー・ランドレスのトリオ。スライドギター炸裂です。
アンコールでは色んな人がステージに上がってセッション。大団円となりました。

このフェス、アーティストの登場のたびにピーター・バラカンが前説をしてくれるのが良いですね。
お客さんの年齢層も高めで、イスがいっぱいあるのも助かります。
マスターカードのサービスでアルコールも含めてフリードリンクというのもうれしかったけど、ちょっと危険かも。何とか自制しましたが。

https://www.instagram.com/p/BMBWB2cgm0R/
Instagram