読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

プリンスアイスワールド2013@東伏見

フィギュアスケート

7月13日 土曜日
毎年恒例のプリンスアイスワールド東京公演。東伏見ダイドードリンコアイスアリーナにて。今回は土曜日の11時の回に参戦。

開場の10時半前に到着。去年は止められなかった敷地内の駐車場に止められました。座席は表示上は南スタンドだけど、東の短辺側の良く見える席。
以下、気になったことの箇条書き。

・開演前にケガで来られなくなったプルシエンコのビデオメッセージ。

八木沼純子は今回で引退ということですが、それについてのコメントはなし。いつものアオリもなかったし。残念ですが、これから別の場所での活躍を期待しています。

・去年はジュンジュンとタケシだった製氷時のベンツのオープンカー。今年は庄司理紗ちゃんでした。

・話題の安藤美姫にも暖かい声援。ふれあいタイムの時もいつも通りの様子でした。

荒川静香は生バイオリンの演奏をバックに神々しい演技。バイオリンの人、スケート靴はいて真ん中で弾いてたけど、転んだりしないかヒヤヒヤでした。

・一番声援の多かったのは代打のブライアン・ジュベール。スタオベの起きた唯一の演技でした。やっぱりカッコいいです。比べると小塚には小粒感が…。

・いなくなったのが、村主千香さん、スピードスケートの二人。

・PIWチームの部分は昔のR&B、アイリッシュっぽいの、レ・ミゼラブルと国際色豊かな感じの演目。


お客さんの入りがイマイチなのが本当に残念。ジュンジュンがいなくなったあと、誰がリーダーになるのでしょうか?