読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

ソチ フィギュアスケート男子の感想

羽生結弦選手の金メダル、おめでとうございます。
ショートは完璧、「パリの散歩道」は名プログラムとして永遠に語り継がれますね。
ゲイリー・ムーアの知名度が一気に上がったのも世代的に嬉しいです。

金曜から土曜にかけての夜中は、男子フリーをリアルタイムでテレビ観戦。
でも、羽生はジャンプミスがあり満足できない出来。
暫定1位の状態で次のパトリック・チャンとなりましたが、普通なら逆転されて当然の得点差。
チャンの演技をテレビを見ながら、どうしても心の中で「ミスしろ」と願ってしまう自分がイヤでした。仕方がないとは思うけれど、こういう流れで観戦するのはつらいですね。
プレッシャーからか、こんなボロボロのチャンを見るのも珍しく、羽生の得点に届かず。
みんながベストの演技をして、納得のいく順位がでればもっと良かったのですが。

髙橋と町田も善戦。結果論ですが、失敗したジャンプのひとつでもきちんと飛べていたら銅メダルだったのに本当に残念。

チャンは中国系だし、3位のカザフスタン代表デニス・テンは韓国系。
アジア系選手で表彰台を締めたということになります。