読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京クリッピング private 3

将来の自分のための備忘録 東京のあちこちでみてきたモノ・コトの記録を中心に 2012年4月から

■■■■■■■■ タイトルに二重カッコは使いません。 ■■■■■■■■

五反田の休日 ~「オルフェ」@ルーヴル-DNP ミュージアムラボと五反田グルメ~

土曜日
昼前に五反田へ行き、有名店「ミート矢澤」の行列に並び、ハンバーグのランチ。
確かにおいしいけれど、レアな肉が苦手な自分にはおいしさが理解しきれず。
横にできたトンカツ屋のほうも興味深いですね。

駅前の北欧カフェ「オスロコーヒー」でのんびり時間調整してから、高速道路のたもとにある「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」へ。


ルーヴル-DNP ミュージアムラボ

このミュージアムラボは今回はじめて知った施設なのだけれど、大日本印刷とパリ・ルーヴル美術館との共同プロジェクトで、マルチメディアコンテンツを使ってルーヴル美術館の作品を多角的に鑑賞するスペースのようです。
そこで今やっている「古代ギリシアの名作をめぐって — 人 神々 英雄」という企画に合わせてジャン・コクトー監督の映画「オルフェ」の、HDリマスター版が上映されるというので申し込んであったのでした(無料です!)。
1950年の作品。コクトーって「恐るべき子供たち」を読んだことがあるくらいで、昔の人かと思っていたら戦後もこうした映画で活躍していたのですね。
不思議な作品でしたが、途中寝てしまってよく理解できませんでした・・・。

企画展の方は、ギリシャの壺と皿と仮面の展示がメインで、それに合わせた映像やインスタレーションのようなものが色々。全然知らなかったギリシャの美術や文化が少しはわかって来て良かったです。

6時の閉館まで「ルーヴル-DNP ミュージアムラボ」にいて、おなかがすいてきたので今度はうどんの人気店「おにやんま」へ。タイミングよく並ばずに入れました。立ち食いとはいえ、このレベルのうどんが300円台で食べられるというのはうれしいですね。

地味な五反田という街で、こうして半日楽しく過ごしました。